高性能なパソコン

ゲーミングPCのOS選び

ゲームパソコンを買うと考えたら色々と注意をしておきたいポイントはあると思う。その一つで初心者が悩みやすいのがOS選びだ。基本的に現在のBTOメーカーの主流はWindows7、もしくはWindows10になっている。

どちらを選ぶのがゲームPCとして最適なのか?

これはプレイしたいゲームに依存すると言える。例えば一番プレイしたいゲームがWindows7をサポートして10のサポートはまだの場合、選ぶべきOSはWindows7になるだろう。

またこれから発売される最新ゲームしかプレイする予定はない…といった方はわざわざ古いOSを利用する必要もない。現にWindows10は最後のOSと言われており10のまま無料でこれからバージョンアップをしていくといった情報が出回っている。そして最新ゲームもこれからは基本的にWindows10で動くことを主体に開発をしてくる。

まぁWindows10への無償アップグレードもあるのでその時期までWindows7モデルを使っているのも悪くはないと思う。基本的にゲームもWindows10のユーザーが増えればサポートせざるを得なくなるはずだ。

私の結論としてはこれからBTOゲームPCを購入予定であればWindows10をオススメする。DirectX12にも対応されているOSで最新のグラフィックを思う存分に楽しめることができる。

OSは32bit、64bitのどっちを選ぶべき?

これは間違いなくゲーム用途で使うのであれば64bit一択だ。現に最新ゲームタイトルは64bitでしか動作しないタイトルも多い。

32、64の違いはメモリにも違いが出てくる。
32bitクライアントで使える物理メモリは最大4GBまでとなっている。そのため8GBもメモリを利用するようなゲームタイトルには32bitOSはまったく向かない形となる。

基本的にBTOで発注する場合は64bitになるのでbit数まで気にすることは必要ない。むしろOSで悩むよりもグラフィックボードやストレージドライブに悩んだ方がゲーミングPCのパフォーマンスを向上できる。

トップへ戻る

コンテンツ