高性能なパソコン

BTOパソコンのメリット、デメリット

今や大手メーカーが販売している大衆向けパソコンよりもBTOショップが作って販売しているパソコンの方に人気が高まってきています。なぜBTOパソコンは人気があるのか?

その疑問の問いはBTOパソコンにおけるメリット、デメリットを熟知すると自ずとわかってきます。ここではBTOパソコンの良し悪しを詳しく解説してみたいと思います。

BTOパソコンの良いところ

低価格で高性能なパソコンを手に入る

大手メーカーとBTOパソコンを見比べるとすぐにわかりますが同じ値段でもパーツ性能が数段階上になっているのがBTOパソコンです。つまり大手メーカーパソコンよりも高性能なのに同じ値段、もしくは安いのがBTOです。

基本的にBTOショップというのはパソコンパーツをメインに取り扱っていた経歴があります。そして大手メーカーのように広告費、人件費を抑えています。また各パソコンに使われているパーツも大量に取り寄せているのでPC本体価格をコストダウンすることができます。しかもBTOは受注生産なので在庫を抱えないで販売できるため安く販売することが可能となっています。

カスタマイズが可能

普通の家電量販店で販売されているパソコンはCPU、ビデオカード、HDDなどカスタマイズすることはできません。既存のスペックでしか購入できませんが、BTOパソコンは受注生産方式のため注文時に各パーツを自分好みにカスタマイズすることが可能となっています。

ちょっとパソコンに詳しくなれば用途によってお金をかけるべきパーツ、コストダウン、グレードダウンしても良いパーツがわかってくるので自分の作業、用途に合わせた最高のパソコンを作ることができます。

拡張性も視野に入れている

BTOパソコンの良い所は拡張性に優れていることです。大手メーカーでは自社製品のパーツしか組み込んでいなかったり内部に余裕のないパソコンが多いです。しかしBTOメーカーのパソコンはケースサイズにもよりますが拡張性に優れたケースを使っているケースが多く後からでも自分好みにカスタマイズすることができます。

BTOパソコンの悪いところ

納品されるまでの期間が長い

受注生産方式なので注文が入ってからパソコンを組み立てていきます。そのためすぐにパソコンが欲しくて中々、届きません。各BTOメーカーによりますが平均して3日〜1週間を目安に納品といった形が多いです。

しかし、納品に定評のあるドスパラはPCモデルによっては翌日出荷可能なタイプもあります。購入前は納品までの期間も確認しておきましょう。すぐにPCが欲しい人は店頭まで出向いた方が早いケースが多いです。

通販メインなので実機確認ができない

BTOはショップもありますが大手家電量販に比べると店舗数は本当に少ないです。都会なら良いですが田舎になると店舗がないので基本的には通販メインとなります。そのため実際に機器を見て、触ってといったことができません。

どうしても見てから購入を決断したいといった方に向いていないのがBTOでもあります。もしくは店舗まで車を数時間走らせて実物確認をする方法もありますがコストや手間がかかってしまいますね。

トップへ戻る

コンテンツ