高性能なパソコン

ゲーム用パソコン向けのマザーボード

マザーボードのもっとも中核を担うパーツといえばチップセットである。マザーボードは言ってしまえばチップセットに合わせて設計されています。チップセットはCPUを含めて接続する各パーツの高速化に影響を与えています。技術進化するたびに高速になってきており大きな変化もしてきました。現在はある程度、洗練されたマザーボード。基本性能の底上げはもちろんだが、それ以外の部分にも力をいれいてる製品が多くなってきた。例えばデザイン、LEDライトなど演出に力を入れているマザーボードが増えてきたのだ。

OC&マルチGPUに対応させるならZ170

コンシューマー向け最上位となっているチップセットが「Z170」

よく比較されるH170との違いはOC機能、マルチGPUに対応したPCI Expressレーン分割機能がついていること。OCを前提としたVRMに特性の良い高級部品を実装できる。そしてレーン分割機能といえばマルチGPUを利用するために必須の機能である。

だから、シングルコアでなくGPUを2つ搭載させたい場合はこのZ170チップセットをもったマザーボードを選ぶようにしよう。

また自作で将来的にマルチGPUに仕様変更する予定の方も最初からZ170チップセットを選んでおけばGPUを追加させるとに余計な出費をさけることができる。

スタンダードなゲーミングPCにするならH170

H170はOC、マルチGPUに対応させる予定もないなら選びたいチップセットの一つだ。最大16レーンのPCI Express3.0、RAIDなどに対応している。シングルコアなら十分な性能を持っており発揮してくれる。

ただしH170搭載ゲームPCモデルはミドルレンジの下位クラスが搭載されているケースが多く使用差以上に格下チップセットに見られがちである。

またOC、マルチGPUにしないのであれば基本性能はZ170と大きな差がないのも特徴だ。製品によってはUSB3.1、32Gbps対応のM.2ソケットを装備した製品もあるので侮ることができない。

各BTOメーカーのゲームパソコンもZ170、H170を中心にマザーボードが搭載されている。今後の拡張性を望むならZ170を選ぶ。シングルコアで突き進んだりOCする予定もなければH170を選ぶようにすれば良い。

トップへ戻る

コンテンツ