高性能なパソコン

快適なゲームPCを手に入れるなら自作orBTOどっち?

ゲームができるパソコンは優れた映像処理ができるグラフィックボードといったパーツを搭載したパソコンが必要です。これ、普通のパソコンにも搭載されていますが、CPU内蔵であったり重たいゲームを処理できる性能がありません。だからゲーム専用のグラフィックボード搭載パソコンが必要になります。

で、この高性能なグラフィックボードを搭載したパソコンを手に入れる方法として自作する。もしくはBTOメーカーと呼ばれるパーツ販売専門ショップが作っているBTOパソコンと呼ばれるPCを手に入れるかのどちらかになります。

ざっくりと両方のメリット、デメリットを挙げていきます。

自作ゲームPCのメリット、デメリット

自作だとケース、各パーツまで自分で吟味して揃える必要があります。そしてOSインストールや各種設定も自分で行います。簡単にいってしまうと手間がかかります。そのかわり自分の隙なパーツを使って自分好みのスペックに作れるといった利点があります。

メリットでいえば非常に満足感が高い。資金によるが理想スペックのパソコンを自分で作ることができる。中古パーツを使えばBTOよりも安上がりで済ませることも可能。

逆にデメリットは知識がないと組み立てられない。保証が一切ない。中古だと寿命が短くなる可能性がある。

このようなメリット、デメリットがあります。中古パーツは安いですがいつ壊れるのかわかからないといったデメリットはかなり不安になります。また中古なのでパーツに保証だってつきません。逆にパーツも新品で買うとBTOより値段が高くついて組み立てなければいけなくなります。

BTOゲームPCのメリット、デメリット

BTOは知識がなくても最初からある程度のスペックでゲームPCが組まれています。だから販売されているゲームPCを買えば届いたその日からプレイ可能。OSインストールなどもありません。そしてBTOメーカーは本来、PCパーツショップで大量のパーツを仕入れているので原価が安いです。だからゲームPCも安く作ることができます。

メリットはミドルハイスペック程度のBTOパソコンなら自作するよりも安く費用を抑えやすい。知識がなくてもゲームPCを手に入れることができる。届いたその日からプレイ可能といったメリットがあります。あと保証もつきます。

デメリットは自分が使いたいパーツにしようとすればカスタマイズ費用が発生する。全て自分好みに作れるわけではない。当たり外れもあると言われています。

結局、どっちがいいの?

私個人の感想として、初めてゲーミングPCを触る。コスパ重視でいきたいとなれば圧倒的にBTOパソコンです。自作は安く済ませたとしてもOSを買ったり、必要ソフトも必要になってきます。またミドルハイスペックのゲームPCなら自作よりもBTOの方が安いです。

どちらかと言うと自作はもうマニアレベルです。
パソコンパーツの知識があって日曜大工的など活動も好きといった人が取り組むレベルだと思っています。確かに自作すれば内部構成など知識はつきますが保証が一切ありません。トラブルがあった時に自分で直せるくらい知識、技術もないと長く使っていくことは難しいです。

結局どっちがいいか?と聞かれれば私はBTOゲームPCをお勧めします。

トップへ戻る

コンテンツ